【審査なし】お金を借りる2つの方法とは…|困ったら使える裏技

【審査なし】お金を借りる2つの方法とは…|困ったら使える裏技

「土日にお金が必要になった」

 

「飲み会に誘われたけど、給料日前でピンチ」

 

「結婚式の祝儀が出せない」

 

どうしても今すぐお金を借りたいとき、なるべく融資までの時間が早い借り入れ方法を選びたい人は多いと思います。

 

  1. 質屋でお金を借りる
  2. 家族・友人にお金を借りる

 

困ったときの秘策として使えるとおもいますので、参考になれば幸いです。

1.質屋でお金を借りる

質屋は審査なしで最短1時間後にお金が手に入るので便利です。今すぐ少額だけでも借りたい人や、金融機関の審査に通らない人にはおすすめの借入方法です。

 

質屋で今すぐお金を借りる方法やでメリット・でメリットについて解説していきます。質屋でお金を借りる方法はいたって簡単です。質入れをすればその査定額内から融資を受けられます。

 

質入れとは、自分の所有する物品を預けて担保にすることを意味します。借入限度額は査定額の7?8割でお金を借りられます。質屋は金融機関と同じように金利があり、利息によって利益を得ている仕組みです。

 

利用者から返済がされない場合は担保にした物品が売却されるため、返済を義務付けていなのが特徴です。質屋でお金を借りる流れはどの借入方法よりも簡単で、申し込みや審査といった面倒な作業がなにのがメリットです。

 

下記の流れで質屋からお金を借りることができます。

 

物品を質屋に預ける
身分証明書を提出する
物品の査定を受ける
現金と質札をもらう

 

質屋で査定を受けると、現金と一緒に質札を渡されます。どんな物を質屋に預ければお金が借りれられるか、下記が相場になります。

 

(例) 相場
スマートフォン 20,000〜50,000円
ゲーム機 10,000〜30,000円
パソコン 30,000〜250,000円
バッグ 10,000〜1,200,000円以上
腕時計 10,000〜5,000,000円以上
指輪 10,000〜5,000,000円以上
ネックレスなど 10,000〜5,000,000円以上

 

質入れする物品は、基本的に価値があれば預かってもらえます。ただしいざお金を借りようと思っても、質屋に預ける物品によっては断られてしまうことも…。例えば以下のような種類の物品は、どの質屋でも質入れができません。

 

  • ノーブランドの商品 ×
  • 電子化された株券 ×
  • 固定電話の加入権 ×
  • 古すぎるパソコン ×
  • 動物 ×
  • 食品 ×
  • 植物 ×
  • 動かない電子機器 ×

 

質屋はリサイクルショップとは違って高額なものを査定して売却する業者です。定額で取引されるものや電子媒体の権利などは査定分野ではないので取り扱っていません。利息は高いものの金融機関でお金を借りるよりも簡単に10万円を手に入れられるのでご自宅に高価な物品がある人にお勧めです。

 

しかしいくつか注意点があるのが難点です質屋でお金を借りたいならリスクを把握した上で質入れをしましょう。原則として3か月以内や月単位といった短期間での返済を想定しています。そのため金利が高いことが認められています。

 

質屋は年利109.5%と非常に高い金利で質屋営業法に基づき営業しています。質屋で時計とか靴とかを預けてお金を借りるんでしょ?何も付けないからどのように金利が高いなんで変じゃない?と思う人もいるかもしれません。

 

カードローンにはない質屋だけの特徴としては審査がなく、信用情報は何も影響しないということ。もしあなたが審査が不安で、返済が出来なかった時の信用情報に傷つくのは嫌だというふうに考えたいのであれば質屋でお金を借りることはすごくメリットです。

2.家族・友人にお金を借りる

「消費者金融でお金を借りるのはなんか嫌だ」

 

「一時的だけだから親に援助してほしい」

 

このような状況の方は親や親戚兄弟友人なのにお金を借りることができれば一番リスクが少なくなると思います。お金を借りる理由を言わずには納得してもらえないのでその理由について考えなくてはなりません。

 

ここからはあなたが会社員もしくは主婦学生などを想定して親しい間柄の人に納得してもらえるような言い訳や説明の仕方を考えてみましたのでご紹介します

会社員がお金を借りる言い訳の一例

  • 大事な会食を控えているがお金が足りない
  • 接待交際費を立て替えたために生活費が足りなくなった
  • 転職活動中で収入がない
  • 給料日までの生活費が足りない
  • ローンの支払いを滞納している
  • 税金・保険の支払いに家計を圧迫されている
  • 転勤で引っ越しをするための初期費用が必要

仕事上の付き合いでまとまったお金を使ってしまうことが多い会社員の人は、仕事の状況を踏まえてお金を借りる相談をするとよいでしょう。

主婦がお金を借りる言い訳の一例

  • 子どもの進学費用が工面できない
  • 夫の収入だけじゃ生活のやりくりができない
  • 子どもが小さいのでパートに出ることができない
  • 交通違反の違反金を払わなければならない
  • 冠婚葬祭が続き、出費に苦しんでいる
  • 引越し費用が足りない
  • 離婚してしまったので当面の生活費が必要

ふだんから家計をやりくりしている主婦の場合には、家族の生活費を理由にお金を借りるのであれば納得してもらえる可能性が高いでしょう。

学生がお金を借りる言い訳の一例

  • 卒業旅行に行くためのお金が足りない
  • サークルの合宿に参加するためのお金が足りない
  • 就職活動中にバイトができないので生活費が足りない
  • 教科書代が支払えない
  • 家賃・光熱費・携帯代が払えない
  • 友人たちから誘われた旅行を断れなかった

 

旅行や合宿など、学生ならではのイベントのためであれば、事情を理解してくれる可能性は高いでしょう。それぞれの必要な金額をしっかりと計算したうえでお金を貸してくれるかどうか打診してみるのがよいでしょう。

低金利で今すぐ今日中に借りたいなら消費者金融のカードローンが一番おすすめ

低金利で今日中にお金を借りるなら7よりも利息の安い消費者金融がおすすめですまた家族や親戚友人に秘密を伝える必要もないので精神的な不安も軽減されます消費者金融のカードローンなら最短30分で審査が終了し1時間で夕食もらえることもあります。

 

さらにスマホであれば家にいながら Web で申し込むだけなので振込融資にも対応してもらえるので非常に利便性が高いのが消費者金融の大きなメリットです。希望する借入金額が3万円から10万円程度であれば他社から借り入れがあっても審査に通過しやすいため少額で今すぐお金を借りたい人にはぴったりだと思います。

 

「本当に本当にお金どこからも借りれないどうしよ」という方はトップページの詳細を確認してください。

 

私がおすすめしているカードローン会社を紹介します。

 

⇒「本当に本当にお金どこからも借りれないどうしよ」という方へ